プログラマーのためのオススメ英語勉強法!社内で一目置かれる存在になるために!

英語ができるプログラマーはあまりいません。なので、あなたがプログラマーなら英語を勉強するだけで、それはあなたの強い武器になり、社内で一目置かれる存在になれる可能性が高いです。

とはいえ、英語が強い武器になるかどうかは、具体的にどう英語をプログラミング業務に活用できるかにかかっています。

その事をふまえつつ、プログラマーにとってのオススメの英語学習方法を本記事でお伝えしようと思います。

Sponsored Link

プログラマー向けの英語学習方法とは?

一般的に英語学習方法は目的によって異なる

英語は一般的に以下の4つの能力を勉強して鍛えていく必要がありますね。
・リーディング(読む)
・ライティング(書く)
・リスニング(聞く)
・スピーキング(話す)

で、状況によって、使う能力は異なってきます。

例えば、海外のWEBサイトを見るだけだったら最低限リーディングができれば良いでしょうし、外国人とSNSやメールでやりとりしたいのであれば、リスニングとライティングの両方が必要になります。

では、プログラマーで良くある状況を考えてみます。プログラマーとして英語が必要となる状況を以下の3つに分けてみました。

(1) 英語のマニュアルや技術情報を読まなくてはいけない状況
リーディング能力が必要
(2) 海外のプログラマー・下請け先と、英文メールでやりとりが必要な状況
リーディング・ライティング能力が必要
(3) 海外のプログラマー・下請け先と、英文メールと英会話でプロジェクトを進めなくてはいけない状況
リーディング・ライティング・リスニング・スピーキング能力が必要

上記のように、(1)~(3)の目的を達成するために、必要な英語能力はそれぞれ違います。

では、(1)~(3)の状況によって、それぞれどのような勉強をしていけば良いでしょうか?

具体的にどのような英語学習を選択すれば良いか?

私の経験上、大きく分けて以下の3つがオススメの勉強方法となります。

その3つとは、
・英語の音読トレーニング(以下、音読
・瞬間英作文
・海外のIT系Webサイト、Q&Aサイトを利用する(以下、海外Webサイト
となります。

それぞれの勉強の効果は以下のような感じです。

【音読】

リーディング
ライティング
リスニング
スピーキング
その他 リーディング、リスニングだけではなく、英語の総合力を上げる事が可能!

【瞬間英作文】

リーディング
ライティング
リスニング
スピーキング
その他 英会話能力を上げたい場合は、必ずやるべきトレーニングです。

【海外Webサイト】

リーディング
ライティング
リスニング
スピーキング
その他 英語をプログラマーとしてどう活かせるかの情報収集的意味合いが強い。IT系に関する英単語や情報を学べる。

では、プログラマーに良くある3つの状況の(1)から、どのような勉強をすればよいか説明していきますね。

(1) 英語のマニュアルや技術情報を読まなくてはいけない方向けの勉強法


この状況の方は、最低限リーディング能力を鍛える必要があります。この状況じゃなくても、特にリーディングを鍛えたいと思ってる方はここで説明する勉強法で進めるのが良いです。

その勉強とは、『音読』ですね!

音読は、ネイティブスピーカーの音声付き英文テキストを使って、カラオケでもするかのように発音を真似て英語の文章を声に出す勉強方法です。
この音読によって、リーディングとリスニング能力を2つとも飛躍的に向上させる事ができます。

読者Y郎
ここで必要なのは、リーディング能力ですよね。
リーディングの勉強だけに特化すれば、より早くリーディング能力を高められるのでは?

と思う方もいるかもしれませんね。でも、

七瀬
リーディングは英文を目で読む作業、リスニングは英文を耳で聞く作業となります。これら二つの作業は同時にできます。
二つ同時にできるなら、同じ勉強時間でリーディング、リスニング両方を鍛える事ができるのです。それだけでなく、英語に限らず人間の脳は、五感をフル活用した方が記憶に残りやすいのです。だから、目だけで勉強するより、目と耳を同時に使った勉強の方が忘れにくくなる上に効率がよくなるのです。

こういう理由で、音読が自信をもってお勧めできる勉強方法となります。

なお、音読の勉強方法の詳細は、この後で解説させていただきます。

ある程度音読で英語のリーディング能力がついてきたら、IT系の海外Webサイトを読むことを始めて、IT系の英単語や情報を少しずつ蓄積していくのが良いと思います。

それでは、次の(2)の状況の方向けの勉強方法です。

Sponsored Link

(2) 海外のプログラマー・下請け先と、英文メールでやりとりが必要な方向けの勉強


この状況の方は、リーディング能力とライティング能力を鍛える必要がありますね。

リーディング能力を鍛えるためには、先程(1)でオススメした音読となりますが、ライティング能力を鍛えるためには、瞬間英作文がおオススメです。

瞬間英作文は、日本語の文章をだけを見て、瞬間的に英作文を頭の中で組み立てて、それを音読する勉強です。
この瞬間英作文によって、ライティング能力とスピーキング能力を同時に向上させる事ができます。

読者Y郎

ライティング能力とスピーキング能力が同時に鍛えられる理由はさっきと同じですか?

七瀬

そうですね。同じようなものです。
ライティングもスピーキングも日本語で言いたい事を、頭の中で英文に組み立て直す必要があります。それを瞬間的にできるようにトレーニングをすればよいのです。

ライティング能力・スピーキング能力を鍛えるには、日本語⇒英語の変換トレーニングから始めるのが、日本語を習得してしまった日本人にとっては効率が良いと思います。

最初は、頭をフル回転して日本語を英語に変換する必要があるので少し時間がかかるかもしれません。ですが、慣れた言い回しになると、日本語を見た瞬間に英語がスッと出てくるようになります。

数をこなす事で徐々に流暢に話せるようになったり、英文がスムーズに書けるようになっていきます。

瞬間英作文の勉強方法の詳細も、この後で解説させていただきます。

あと(1)ですでに説明しましたが、ある程度音読で英語のリーディング能力がついてきたら、IT系の海外Webサイトを読むことを始めましょう。

また、ライティング能力がある程度ついてきたら、海外のIT系Q&Aサイトに、英語で質問したり回答したりすることで、英語学習とプログラミング関連の情報取得を両方同時に行う事ができるようになります。

さらにもう一点、海外の下請け先に仕事を頼んだ時、あまりにも質の低いプログラムだったり、平気で〆切を守らなかったりすることもあります。

国によって文化の違いがありますので、日本人に頼むような感覚で話をしていると痛い目にあいます。

相手の国の文化・感覚をあらかじめ勉強して一緒に仕事をするようにした方が良いです。特に品質や〆切に対しての重要性を事細かに説明した方よいと思います。

(3) 英文メールと英会話でプロジェクトを進める事になった状況の方向けの勉強

この状況の方は、英語の4技能全てを鍛える必要があります。

ですが、上記(2)ですでに説明した勉強方法で、英語の4技能全てが鍛えられます。ですので、勉強方法は全て(2)の内容と同じとなります。

つまり、勉強方法は、音読瞬間英作文海外Webサイトの利用となります。

ただ、(2)ではライティング能力のみを使うのに対して、(3)ではスピーキング能力も使わなくてはいけません。

スピーキング能力は、頭で思ったイメージを即座に英語の文章で表現できなければいけません。つまりスピード勝負です。

瞬間英作文の勉強する際は、よりスピードを重視するようにしてください。

それでは、音読、瞬間英作文、海外Webサイトの利用についての詳細を解説していきますね。

Sponsored Link

英語学習方法の詳細について

音読の学習方法について

音読は特にリーディングやリスニングに対して非常に効果の高い英語学習方法です。

その理由は以下の記事で説明しております。
英語の音読で意識することとは?音読が最も効果的な理由とは!

また、具体的な音読の進め方は以下の記事で説明していますので、ご参照いただけると嬉しいです。
英語力ゼロからの音読トレーニングの進め方【準備編】
英語力ゼロからの音読トレーニングの進め方【実践編】

瞬間英作文の学習方法について

TOEICの得点が900点を超えているにも関わらず英会話ができないという人も結構います。その理由は、英語を話すためのトレーニングをしていないからでしょう。

瞬間英作文はまさに、その英語を話すためのトレーニングになります。

何故瞬間英作文が、スピーキングの上達に効果的なのかを説明した記事はこちらになります。
瞬間英作文は意味がないとは言わせない!スピーキングに最も効果的な理由!

具体的な瞬間英作文の進め方は以下の記事で説明しております。ご参照いただけますと幸いです。
英会話初心者が最短でカタコトになれる英作文トレーニング【準備編】
瞬間英作文の効果的な進め方とは?このやり方でカタコト英語ならすぐ話せる!

海外Webサイトを利用した学習方法について

プログラミング系の英語に慣れるためには、英語で書かれている海外のプログラミング系のWebサイトをみるのが手っ取りばやいでしょう。

今現在使われている生のプログラミングに関する英文に日常的に触れる事で、少しずつ、プログラミングやIT関連全般で使われる英単語が身についてくると思います。

例えば以下のようなサイトで良いと思います。

DZone

https://dzone.com/
DZoneは、アジャイルから、クラウド、AI、データベース、セキュリティ等々、あらゆるプログラミング関連の情報を扱っているサイトです。プログラミング業界のあらゆる最新情報を得ることができる貴重なサイトだと思います。

またプログラミング版のYahoo!知恵袋みたいな海外サイトもあります。これです。

Stack overflow

https://stackoverflow.com/
Stack overflowは、すでに2600万件を超える質問と回答があり、もちろん自分で質問も回答もする事ができます。

プログラミングは、色んな壁にぶち当たりながら開発が進んで行くのが普通です。ビルドが通らない理由が全くわからなかったり、設計通り作ったのに何故か意図通りのふるまいにならなかったり。

そんな時に解決策を求めて日本語でグーグル検索をかけても、解決策が全然みつからない事も多いです。そんな時に、このStack overflowで英語検索すると、結構解決策が見つかります。

何故なら、日本語と英語では、情報量が圧倒的に違うのです。英語で検索する事で目的の情報を得られる可能性が高いのです。

プログラミングを進める上で、このような問題解決にかかる時間は膨大です。英語が出来る人であれば問題解決の時間をこのような方法で短縮できるのです。これは英語が出来ない人に比べたら大きな利点になり得ます。

なお、このサイト上で、英語で質問したり回答したりするだけで、十分英語の読み書きの勉強になり英語力を伸ばす事も可能です。

なお、海外のプログラミング系WebサイトやQ&Aサイトを見る上で、以下のような本を読んでおくのがおすすめです。より理解しやくすくなります。

まとめ

プログラマーのためのオススメの学習方法をお伝えさせていただきました。

英語力の土台を作るための基礎固めとしては、音読と瞬間英作文という英語学習法で勉強をするべきとお話しさせていただきました。

この基礎固めに関しては、英語学習初心者であれば、英語の使用目的に関わらずみんな同じ方法で勉強した方が良いです。

つまり、英語学習の初期段階としては、特にプログラマー向けの英語学習というものはありません。

少し英語学習が進んで慣れてきたら、海外Webサイトでの情報収集や英語でのQ&Aを利用する事で、
・プログラミングに関する英単語
・英語のリーディング・ライティング
を両方同時に勉強する事ができます。

私自身、この方法で英語力を向上させ、外資系に転職して日常的に英語を使う立場となりました。年収もそこそこ上がりました(ぼそり)。

是非あなたも、英語力を高めて市場価値の高いプログラマーを目指してはいかがでしょうか?この記事をその手助けとなりましたらとても嬉しいです。

長い文章でしたが、お読みいただきありがとうございました。

【関連記事】
英語力ゼロから英会話ができるようになるまでの道のりとは?
英語力ゼロの人が英会話中級をゴールとして目指すべき理由!

Sponsored Link

おすすめの記事