【瞬間英作文】日本語で考えるのは良いのか?英語のまま考えなくて良いのか?

瞬間英作文は、英語が話せるようになるために、とても効果の高いスピーキング学習法だと思います。私自身、瞬間英作文で英語が話せるようになりましたので、自信を持っておすすめできる学習法です。

しかしながら、瞬間英作文に対して、ネガティブな意見があるのも確かです。その一つが、瞬間英作文は日本語で考えて、英語に変換すると言うことですね。

言い換えれば、瞬間英作文で、英語を英語のまま考える事ができるようになるのか?という疑問がぶつけられているのかなと思います。

というわけで、日本語で考えるのが良い事なのか?瞬間英作文で英語脳になれるのか?という事についてまとめてみたいと思います。

英語の文章を作るのに日本語で考えるのは良いことなのか?


結論から言いますと。瞬間英作文という学習法はそういうものなのでそれで良いと思います。というか、頭が日本語脳の人が、英語の文章を作るためには、日本語で考えるというのが一番効率的なのではと私は思います。

つまり、瞬間英作文はあえて、日本語で考えていると思います。

赤ちゃんが言語を覚える際には、自分の見たもの、自分の思いを、両親や周りの人が使っている言葉を真似て、失敗を繰り返して覚えていきます。当たり前ですが、どんな言葉をどのように組み合わせれば通じるかを、非常に時間をかけて覚えていきます。

そして、どんな言葉を、どのように組み合わせれば通じるかを、体系的にまとめたものが文法ですよね。

赤ちゃんは文法を理解できませんが、文法を理解できる大人は、文法を利用して英語を覚えたほうが効率的なのは当たり前の話だと思います。

瞬間英作文は、簡単な英文法の要素がひとつだけ入ったものからスタートします。例えば過去形だけとか、未来系だけとか。
そして、英文法要素を複数にして、徐々に難しくしていきます。例えば、過去形+受動態とかTo不定詞+疑問文とか。という感じです。

そうやって、簡単な短い英語文章を作るところから始めていき、徐々に複雑な文章を作れるようにするのが、瞬間英作文です。

なので、(大人の)英会話の学習初期段階では、日本語で考えて英語の文章を作るのが一番効率的だと思います。

こうすると、文法にのっとって文章を考えるクセがついてしまうので、ネイティブが聞けば、堅苦しかったり、なんか変な表現も多い事でしょう。でもそれはネイティブじゃないので、当たり前ですし、それはみんなが通る道。英会話中級レベル以上になってから修正していけばよいと思います。

では、瞬間英作文で英語脳は作れるの?


これも、結論から言いますと、作れます。

しかし、『英語脳』という言葉の定義が人によって違うかもしれないので、ここでその辺のお話も少しだけしてみます。

いわゆる『英語脳』という言葉は、頭で思い描いたことを、日本語のチカラを借りずに、そのまま英語で言葉にできる人のことを、『英語脳』のある人と呼べるでしょう。

瞬間英作文は、日本語のチカラを借りて英語の文章を作るので、『英語脳』なんて作れないんじゃないの?と思う人も、もちろんいる事でしょう。

ですが、人間の脳って、すごいんです!

なんでもそうなんですが、繰り返すと、意識しなくてもできるようになるんです。例えば、

・自転車の乗り方
・車の運転の仕方
・算数の九九
・スポーツ全般

とにかく、繰り返す事で意識せずできるようになるのが、人間の脳のすごいところ。英語脳に関しても一緒です。脳のチカラを信じて繰り返せば英語脳になるんです。

ただし、ただ脳のチカラを信じるだけじゃなくて、大事なポイントがひとつあります。瞬間英作文は、実際に文章の内容を頭でイメージしながら実施する事がおススメされています。日本語の文章を見たら、その文章の内容を、まるで、映画の主人公か何かになりきった気持ちでアウトプットしましょう。

そうする事により、頭に思い浮かんだイメージから直接英語が出てきやすくなっていきます。

つまり、瞬間英作文で、

(1)日本語の文章を見る
(2)英語のどの文法を使うか?どの英単語をどのように並べるか?を考える
(3)英語の文章が出来上がる
(4)文章の内容をイメージしながら(出来れば)発音も意識して声を出す

という行為を繰り返していくと、徐々に上記(2)で考える時間が減っていき、最終的には、意識せずとも、

(1)日本語の文章を見る。もしくは、頭に何かイメージを浮かべる。
(2)英語の文章が出来上がる

というように、即座に英語の文章が作れるようになってきます。これがいわゆる『英語脳』といわれるものです。

ただし、これは、ある一つの文章に対して『英語脳』になっただけなので、大量の瞬間英作文を繰り返しておこなって、大量の文章に対して『英語脳』になる必要があります。

そして、気づくと、大抵の表現は、即座に英語で浮かぶようになってきます。このレベルまで来るにはそう簡単にはいきませんが、数年単位で、瞬間英作文を継続していけば、誰でもたどり着けますので、根気強く頑張っていきましょう。

まとめ

瞬間英作文はほんとにスピーキングを鍛えるために効率的ですし、英語脳も作れるという事が分かったと思います。

その理由が『脳を信じろ!』なのが、人によっては受け入れにくいものかもしれませんが、これは、多くの人の経験から得られた結果であるのもまた事実。瞬間英作文を正しいやり方で繰り返すだけで本当に英語脳は作れます。

楽しく外国人と英会話をしている未来を想像して、瞬間英作文を続けるのが、英会話上達の近道だと私は思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【関連記事】
瞬間英作文はいつまで続ければよいか?次に何をやるべきか?
瞬間英作文は意味がないとは言わせない!スピーキングに最も効果的な理由!
瞬間英作文の効果的な進め方とは?このやり方でカタコト英語ならすぐ話せる!

おすすめの記事