英会話力ゼロからひたすら瞬間英作文をやってみた結果は?

留学経験もなく、どうすれば英語を話せるようになるのか全くわからず苦しんでいた時、僕は瞬間英作文と出会いました。

当時は、TOEICも400点位で、英語はカタコトで話す事もできませんでした。

そんな僕も、いまや、海外の同僚と日々英語で仕事を進めるような立場となり、英会話も苦にはならなくなっています。

ここで、はっきりと一つ言えることがあります。
『僕の英会話力は瞬間英作文で作られた』という事です。

という事で、
・英会話力ゼロから、瞬間英作文をどれくらいやって、どのように英会話が上達していったのか?
・どうやって英会話力ゼロ⇒カタコト⇒ペラペラになっていったのか?

をお話ししようかと思います。

英会話力ゼロからカタコトレベルへの道のり


おそらく、ほとんどの人が、中1レベルの簡単な文章から瞬間英作文を始めると思います。もちろん僕もそうでした。

僕は、『中学英語で24時間話せる』という、とってもクラシックな感じの教材を使って瞬間英作文を進めていました。まあ、正直、この本の文章はちょっと古臭いかなというのはあったと思いますが、中学レベルの文法を網羅した文章がリストアップされていればなんでも良いので、この教材で、十分に英会話の基礎レベルを作る事ができました。

で、この教材は2冊に分かれていて、中学英語3年分の文法要素が入った文章が、2冊で約2000文くらい掲載されていたかと記憶しています。最初の一冊、大体1000文弱位を、1か月半位で終わらせたのですが、まだ全然言いたい事が言える状態ではありませんでした。この時点で、英語がカタコト話せるとは言えない状態だったことは覚えています。

それもそうで、中学文法の半分位しかまだ終わっていないし、瞬間英作文1000文位では、英語が話せるようになるにはまだまだ足りないという事ですね。

で、2冊目も終わらせた頃、つまり、中学3年分の英文法を網羅して約2000文を完了した頃には、やっとで英語がカタコト言えるようになってきました。自分で言いたい事を、時間をかけて、なんとか英語で表現できるようになってきたという事です。この時、瞬間英作文を始めてから、約3~4カ月経過していました。

これはとても嬉しかったです。自分が英語を話している!というこの感覚。受験とかも結構ダメダメだった自分が、自分で思った事を、まだまだちょっとだけど、英語で表現していると!この嬉しさを是非味わって欲しいと思います!

カタコトレベルになっても瞬間英作文は続けるべき?


さて、瞬間英作文でカタコトの英語が話せるようになりましたが、僕は、瞬間英作文をそのままずっと継続していました。

上記の教材とは別に、中学レベル+高校レベルの瞬間英作文教材(2000文位)をやりましたし、この頃から外国人とのオンライン英会話レッスンを平行して始めました。英会話レッスンで、言えなかった表現は、その場で教えてもらったり、あとで自分で調べたりして、自分で瞬間英作文の文章を自作していました。

また、TOEICも受験していたので、TOEICの公式問題集から、一部を切り取って、自作の瞬間英作文に加えたりしていました。これは、TOEICの得点アップにも貢献したはずです!

その結果、効果としては、やればやるほど、スムーズに言いたい事が表現できるようになりました。
瞬間英作文で実際に扱っている文章や、それに似た文章は、即座に英語で表現できるようになるので、瞬間英作文をやればやるほど、スムーズになるのは当たり前といえば当たり前。

おそらくこの時点でなんだかんだと瞬間英作文は6000文はやったと思います。瞬間英作文を始めて、1年半~2年位は経過していましたが、ペラペラ話せるというレベルまではまだ全然達しませんでした。

ただ、誤解しないで頂きたいのは、ペラペラではないけど、意志疎通は十分に問題なくできるし、話題によっては、スピードの速いやりとりも徐々に可能になっていた状態ではありました。

ここで言うペラペラとは、どんな話題でもスピーディに会話が成り立つ状態です。(ただ、もちろん専門的なのはムリですよ。日本語でもムリでしょうけど笑)

当たり前ですが、日本に住んでいる限り、実際に英語で話す機会が増えない限り、ペラペラになるのは難しいでしょう。

僕が日本にいながら英語ペラペラレベルになった方法とは?


では、僕はどうやってペラペラ英語を話せる状況に至ったのか?

簡単です。外国人の友達を作って、日常的に英語を話す環境を作ったからです。

そもそも外国人の友達を作るのが難しいんだよという方もいるでしょうが、意外と難しくはありません。

大都市であれば、毎日のようにどこかで国際交流パーティみたいなイベントがありますので、それに参加して、友達を作るというのが一つの方法です。特にねらい目は、同じ趣味の人と仲良くなって、その趣味を一緒に楽しむ事です。英語で!

例えば、カメラ、バンド、山登り、旅行、アニメ、ゲーム。何でも良いですが、一緒に英語で趣味を楽しめるようになれたらしめたものです。

ただし、田舎に住んでいる方はこんなイベント参加できないですよね。それでも、オンラインで外国人の友達を作る方法もいくらでもあります。

オンライン上で、同じ趣味の人が集まるサークルのようなものもありますし、オンラインゲームで一緒に遊んでいるうちに友達になる事も多いです。

僕自身もオンラインゲームで、日常的に外国人と英語でお話しできる環境ができました。ちなみにそのオンラインゲームはファイナルファンタジー14です。遊ぶサーバーによって外国人比率が異なりますが、サーバーによっては、ほとんどが外国人のところもあります。

ちなみに外国人の友達を作ってからは、教材を使って瞬間英作文をしていませんが、やはり、自分が表現できなかった言い回し等は、その場で教えてもらったりして、自作の瞬間英作文を作成。つまり、瞬間英作文自体はずっと続けていました。

で、仕事でも英語を使っていたからという事もありますが、瞬間英作文を始めて約4年、いつの間にかだいぶペラペラになったなと実感できました。

なお、外国人の友達を作るのはやはり自分には難しいという方は、24時間いつでも話し放題のオンライン英会話で、良い先生を見つけて、友達感覚で毎日のように話すというのでも良いかもしれませんね。

オンライン英会話『ネイティブキャンプ』であれば、月額わずか6480円でそれが可能になるのでオススメです!

まとめ

今僕は瞬間英作文はしていませんが、まさに僕の英会話力は、瞬間英作文で形作られたもの。瞬間英作文という学習法を選択して本当に良かったなと思っています。

瞬間英作文を始めてみようかと迷っている方。瞬間英作文を始めたけど続けるかどうか迷っている方がいましたら、是非、始めて下さい!継続してください!

瞬間英作文を正しい方法でやれば、確実に英語を話せるようになりますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

【関連記事】
【瞬間英作文】隙間時間で英語学習を効率的に進めよう!【忙しい方必見】
瞬間英作文は意味がないとは言わせない!スピーキングに最も効果的な理由!
瞬間英作文の効果的な進め方とは?このやり方でカタコト英語ならすぐ話せる!

おすすめの記事