学習を継続するために

英語の習得に一番重要なものとは?

2017/03/31


英語・英会話ができるようになるまでには、様々な行動を起こしていく必要があります。例えば「英文法の勉強」「英単語の勉強」「英会話教室に通う」「外国人の友達を作る」等々。

こういった事を実践していくうちに、徐々に英語力が向上していきます。

では、英語を習得するために一番重要なものとは、一体何なのでしょうか?

本記事では、英語を学んでいく上で、私が一番重要だと思う事についてお話させていただきたいと思います。

Sponsored Link

英語習得のために一番重要なもの、それは?

私が一番重要だと思うのは、スバリ

やる気です。

「やる気・意欲・モチベーション」など、いろんな言葉で表現できますが、要は「何か行動を起こすための気持ち・心の持ち方」が一番重要だと私は考えています。

あたりまえですが、
やる気がなければ、何か行動を起こすことができません。
やる気がなければ、一度始めた行動を続けることができません。

全ては心の中に「やる気」を持つことから始まるのです。
全ての出発点が「やる気」なのです。

また、英語学習は長い期間続ける必要があります。つまり、「やる気」を継続して持ち続けないといけません。

だからこそ一番重要だと思います。

人の心というものは、とても複雑で難しいものです。ちょっとしたことで、喜んだり、悲しんだり、怒ったり、泣いたり、やる気が出たり、やる気を失くしたり...。

そんな複雑な心を上手にコントロールしたり、上手くだましたりして(←大事です^^;)、やる気を引き出す必要があるのです。さらに一度引き出したやる気を維持する必要もあるのです。

しかし、やる気が一番重要だと言われてもピンと来ない人が多いと思います。ですので、少し私の実例を交えながら、やる気がどれくらい英語の習得に影響するかを説明したいと思います。

意欲・モチベーションの重要性を痛感した私の実例!!

私はこの意欲・モチベーションの有り無しで、物事を上手く成し遂げたことも、失敗したこともあります。

例えば、私は過去に10キロのダイエットを成功させた事があります。

おいしい食べ物の誘惑を断ち切るのは私にとっては非常につらいものでした。だから、ダイエットのやる気を引き出して維持し続けるためには、何かしらの強い理由が必要でした。

その理由は突然やってきました。まだ独身だった当時、好きな人ができたのです(笑)。

まあ、ありがちですね。「気になる人を振り向かせたい」という強い思い。これが強烈なモチベーションとなり、3ヶ月で10キロの減量に成功しました。

また、ただ痩せるだけではなく、筋トレも並行して見栄えのする筋肉をつけたのです!(その面影は今はどこへやら(^^;;)あ、リバウンドはしていませんよ!

さらに、ダイエットのためにジョギングを始めたのですが、これがとても良かったです。身体を動かすことで脳にも良い刺激を与えることができたのでしょう。ダイエットに限らず、仕事の意欲も高まり良い評価を得ることができましたし、風邪もひきにくくなりより健康な身体になりました。何より生活全体が良い方向に改善していくのが実感でき、楽しい気持ちで毎日を過ごす事ができました。

このように、何かひとつの目的に対して意欲が高まると、その目的に対してだけではなく、日々の生活自体が全般的に良い影響を受けることになります。

一方で、いわゆるうつ病という状態となったこともあります。様々な原因が重なり、肉体的にも精神的にも消耗してしまい、何事に対しても「全く意欲が湧かない」精神状態になってしまったのです。

意欲が限りなくゼロという状態でしたので、約半年間まともに仕事ができませんでした。結局、完全に意欲が回復するまでに2年近くかかりました。

その間は、仕事で良い成果を全然残せず、みじめな思いを味わいました。趣味なども全然やる気が起きず、生活全体がずっと暗い状態が続きました。

そういう両極端の状態を経験したからこそ、意欲の重要性を強く感じます。

で、私が強く感じたのは、意欲が、

・全くないとき
・普通のとき
・溢れているとき

では、生み出す成果が全く異なってくるという事です。

これはあたり前の事ですが、意欲が大きければ大きい程、成果も大きくなり得るという事をですね。
つまり、良い成果を生み出すためには、意欲がキーとなるという事です。

英語の習得にも「やる気」が重要な要素となる!

何をやるにしても「やる気」は重要だと多くの方が思うかもしれません。ですが、具体的にどれくらい重要かを意識している人は少ないのではないでしょうか。

私は上記で述べましたように、「やる気に満ち溢れた状態」から「やる気がほぼゼロの状態」まで、様々な「やる気の状態」を経験してきました。

そこで、この経験から、やる気・意欲が成果にどれほど影響を与えるかについてイメージができるようになってきました。

具体的には、以下のような式で表せると思っています。

成果 = 方法 × 能力 × 意欲

といった具合です。

このとてもシンプルな式から言える事は、間違った『方法』で努力しもて結果を生みませんし、『意欲』がゼロであれば、そもそもなにも行動できず全く成果が出ません。

注目すべきは、意欲が掛け算になっていることです。意欲が高ければ高いほど、成果がどんどん大きくなるという事です!

これだけにとどまりません。
意欲が高まる ⇒ 良い成果が出る ⇒ 嬉しくてさらに意欲が高まる ⇒ さらに良い成果が出る
というように、良い循環を作り出すことが出来て、意欲が相乗効果を生むことになります。

では、どういった方法で、意欲を高めることができるのでしょうか?
どういった方法で意欲を維持していけば良いでしょうか?

次の記事で、やる気を引き出す方法、やる気を維持する方法についてのお話をさせていただきたいと思います。
⇒英語学習のやる気、意欲を引き出す方法は?

当サイトでは、英語力ゼロの方が、英会話ができるようになる方法を紹介しております。目次から気になる記事を参照いただけますと幸いです。
⇒目次

-学習を継続するために