Tips スピーキング 学習法 英作文トレーニング 音読トレーニング

隙間時間で英語学習を効率的に進めよう!【忙しい方必見】

2017/04/09


英語学習は毎日続けることがとても重要です。しかし、日々の忙しさの中で、なかなか続けられない、まとまった時間をとれないという方も多いのではないでしょうか?

そんな方でも、日々の英語学習を進めることはできます。

日々の行動を見直して、まとまった英語学習の時間を作り出すというのができれば、まずはそれが良いとは思います。

しかし、私自身が英語学習を始めた頃、子育てと仕事の繁忙期が重なり、どうやってもまとまった時間が作り出せなかった時期がありました。

このような過去の私と同じような境遇の方でも、上手にスキマ時間を使うことで、日々の英語学習時間を結構確保できるものです。

そうです!やり方しだいで、忙しくても英語学習は継続できます!

本記事では、英語学習を効率的に進めるための、スキマ時間の有効活用方法を紹介したいと思います。ほんの数分の空き時間ができただけでも出来る方法です!きっと忙しい方でなくても、学習の効率化につながりますので、誰に対しても役立つ内容だと思います。

英語学習におけるスキマ時間有効活用の手順

スキマ時間の有効活用と言いましても、大それたことではなく、とてもシンプルです。以下に手順を記載しますね。

1.スキマ時間学習用の内容をA4用紙にコピーしておく、または、スマホに保存しておく
2.空き時間ができたら上記のA4用紙、または、スマホを見てスキマ時間に学習をする
3.透明のジッパー付きの袋にA4用紙を入れてお風呂に浸かりながらながら学習する
4.通勤途中や散歩、ジョギング中に、英語の教材音声を聞く

通常は、1, 2, 4を実施すれば良いと思いますが、お風呂の時間も無駄にしたくないという過去の私の方法(手順3)もシェアしておこうと思います。

さて、では、スキマ時間にはどのような学習をすべきでしょうか?

どんな学習内容をスキマ時間に実施すべきか?

スキマ時間での学習ですので、短時間で完了できるようなものが理想です。本記事では、英作文トレーニングを題材にして、説明をしていこうと思います。

検索で本記事にたどり着いた方向けに説明しますと、英作文トレーニングとは、下記リンクで説明しております。
⇒英語のスピーキング上達に英作文が最も効果的な理由

簡単に言いますと、日本語の文章を見た瞬間に、英語の文章を作り出すトレーニングです。英語のスピーキングスキルを上げるために絶大な効果を発揮する学習方法です。

この学習方法だと、ひとつの日本語の文章を読んで、それを英語の文章に変換することで一区切りつきます。これであれば、1分の空き時間でもあれば出来ることでしょう。

ただあまり無理をしすぎない程度にやっていきましょう。1分の空き時間ができる度に実施していたら、落ち着くヒマがありませんからね(笑)。ほどほどに実施していきましょう!

他にも、英単語学習、英文法学習なども、短時間学習が可能でしょうから、挑戦してみても良いかもですね。

一応言っておきますと、始めからスマホのアプリを使って学習すれば良いのではないかと思う方も入ると思います。そうすれば、余計な手間をかけずに、いつでもどこでもスマホで学習できるからです。確かに今は、スマホでも十分に使えるアプリがたくさんあるかもしれません。

もちろん、英語初心者向けで、完全に信頼のおけるスマホアプリがあれば、それに乗り換えても良いと思いますが、現時点では私はまだそのようなアプリを見つけられていません。

また、かなり昔から増刷を重ねて来たような英語学習教材は、これまで多くの英語学習者を育ててきた実績のあるものなので無難だと思います。英語の本質は古くから変わっておりませんので、基礎を学ぶ上では、少しくらい古い本でも全然大丈夫です。

さて、それでは、上記の手順に沿って、詳細を説明していきたいと思います。

1.スキマ時間学習用の内容をA4用紙にコピーしておく、または、スマホに保存しておく

まず最初に準備作業です。実際に今学習している教材を用意しましょう。

そして、以下のいずれかの方法で準備作業を行いましょう!

スキマ時間に学習を進めたいページを、

1.スマホのカメラでとる
2.A4用紙にコピーする
3.パソコンでエクセル等に打ち込んでA4用紙に印刷する
4."3"で打ち込んだ内容をPDF形式で出力してスマホに保存する
5.A4用紙に書き写す

それでは、ひとつずつ説明します。
以下の説明から、ご自分に合う方法を選択すれば良いでしょう。

1.スマホのカメラでとる

これが一番簡単な方法でしょう。ただ単に、教材を開いた状態でスマホのカメラで撮影するだけです。常にスマホを持ち歩く人であればこの方法で十分と言えるでしょう。

撮影した画像ファイルは、この期の”手順4”で説明する、ドロップボックスか、グーグルドライブに保存すると便利に扱えると思います。

但し、ガラケーの方や、職場にはスマホを持ち込めないといった方もいるかもしれません。そういった方は紙で持ち歩けたら良いですよね。という訳で次の方法です。

2.A4用紙にコピーする

”手順1”の次に簡単な方法です。ただ単に、教材を開いた状態でコピーすれば良いです。ご自宅のコピー機かコンビニを利用しましょう。

ですが、これだと情報量が極端に少なくなってしまいます。何故なら、一般的に売られている英作文の教材では、見開き1ページ(計2ページ分)で、英語と日本語の文章が10セット程度しか載っていません。これでは、コピー枚数も多くなってしまいお金がかかりますし、持ち運ぶ紙の枚数も多くなり、学習自体の効率も悪くなるかもしれません。

これを避ける方法としては、複数ページ印刷として、見開き2ページ分(計4ページ)、もしくは4ページ分(計8ページ)をA4の片面一枚に印刷する事です。文字が小さくなって見づらくなってしまうかもしれませんが、効率重視だとこういう形にならざるをえません。
(※ただ、セブンイレブンのコピー機で試してみましたが、見開き4ページ分をA4の片面一枚に印刷できませんでした。見開き2ページ分は可能でした。コピー機によって、出来ることが変わってくるので注意が必要です)

できれば効率を上げるために、A4用紙の片面一枚だけで、日本語と英語の文章が50セットくらい書いてあるのが良いと思います。なので、これは、とにかく準備に時間をかけたくない方で、かつ、紙媒体がどうしても良い方向けという感じですね。

3.パソコンでエクセル等に打ち込んでA4用紙に印刷する

これは、教材に書いてある文章をひたすらパソコンで打ち込んで印刷するだけです。私はこれまで、この方法で、2000文以上をエクセルに記載して、自分のプリンターで印刷する方法をとってきました。

やり方は簡単なのですが、もちろん時間がかかります。利点としては、A4の紙に目一杯表示できるくらい情報を詰め込める事ですね。文字の大きさにもよりますが、日本語と英語の文章50~70セットくらいをA4用紙の片面一枚に詰め込むことができます。

記載の仕方は、エクセルの左側に日本語の文章を、右側に英語の文章を記載するだけです。エクセルへの打ち込みの際は、英語の文章を声に出したりして、学習しつつエクセルへ記載していきましょう。

そして、A4サイズに詰め込む情報量を自分で決めて印刷するだけです。印刷した紙はこんな感じです。効率重視のため、かわいさもかっこよさも何もありませんが(>_<)、仕方ないです。

このA4用紙一枚だけで、かなりの時間お世話になると思います。自分専用の学習教材の出来上がりです。

ご自分のPCにエクセルが入っていなければ、エクセルもどきの無料ソフトがありますので、それをお使いください。LibreOfficeというのが個人的にはおすすめです。(私も1台のPCでコレを使っています)
⇒LibreOfficeのWebサイト

ダウンロードを選択して、LibreOffice安定版をダウンロードすれば良いと思います。(一般的に最新版は何かしら不具合があるかもしれません)

ちなみに、パソコンはあるけど、プリンターをお持ちでない方でも、コンビニコピー機で印刷できます。その方法は、以下のリンク先で説明させていただきます。
⇒コンビニのコピー機でパソコンで作った資料を印刷する方法!(執筆中)

また、プリンターをお持ちでないなら、とても安いプリンターでも良いから持っておくと何かと便利かもしれません。今回のように文章をメインに印刷する程度したら激安プリンターで十分こと足ります。英語だけでなく、他の事にも活用できるはずですしね。

以下のプリンターはわずか3000円程で購入できます。レビューなどを参考にして検討してみはいかがでしょうか?

4."3"で打ち込んだ内容をPDF形式で出力してスマホに保存する

先ほど、エクセルで記載した内容は、印刷機能で簡単にPDF化できます。

エクセルもしくは、エクセルもどきの「印刷」を選択すると、出力先のプリンターを選択できるはずです。この出力先の一覧に、PDFとして出力する選択肢があるはずです。(※その前に印刷する領域を自分で設定してくださいね)

下図では、「Microsoft Print to PDF」という選択肢があります。お使いのパソコンによって、この名前が異なることもありますので注意してください。(名前の中に「PDF」という文字がはいっていれば大体PDF出力用だと思います)

Microsoft Print to PDFを出力先として選択して印刷することで、下記のようなPDFファイルが作成されます。

このPDFファイルをスマホに送る方法ですが、色々な方法があります。ご存知でない方のために、何個かご紹介しておきますね。
例えば、最近だと以下のサービスを利用するのが手っ取り早いと思います。

・ドロップボックス
・グーグルドライブ

これらのサービスを使えば簡単にスマホ上でPDFを閲覧できます。
どちらも、電子データを共有できるサービスとなります。つまり、パソコン上でこれらのサービスを使って保存したPDFファイルを、スマホで見られるようにできるのです。

使い方は以下のサイトを参考にしてみましょう。
⇒iPhoneでドロップボックスを利用する方法
⇒アンドロイドのスマホでドロップボックスを利用する方法
⇒グーグルドライブを利用する方法

手間を考えると、わざわざ手入力しなくても良いかなと考える方もいるでしょう。ただ、私個人的には、お風呂での学習時間が大きかったので(笑)、お風呂で学習するためと、仕事中にスマホを自由に見られる状態ではなかったため、紙媒体で準備しました。

5.A4用紙に書き写す

最後に、最も古典的な方法ですが、教材を見て紙に書き写すだけです。手を使って書くという行為は記憶に良い働きがありますので、時間がある方はこの方法でも良いかもしれません。(私は時間効率を考えてやっておりませんが...)

さて、上記いずれかの方法で、スキマ時間学習のための準備ができましたら、早速トライしてみましょう。

2.空き時間ができたら上記のA4用紙、または、スマホを見てスキマ時間に学習をする

準備ができたら、あとは実践するのみです。難しい事はなにもありません。

例えば、

・家事のちょっとした合間に
・仕事が一段落した時の小休憩時に
・お昼休み時間に
・通勤電車の中で
・子供を抱っこで寝かしつけながら⇐僕がたまにやってました、英語が子守唄代わり(笑)

等々。

要は空き時間が出来たときとか、何かをしながら出来るのであれば、そういう時間を上手く活用するという事ですね。とはいえ、全く休憩しないというのも良くありませんので、その辺はバランスを考えて進めて頂けたらと思います。

3.透明のジッパー付きの袋にA4用紙を入れてお風呂に浸かりながらながら学習する

少しばかりぬるめのお湯で、長めのお風呂は健康にも良いです。お気に入りの入浴剤などを使って、ゆっくり湯船に浸かりながら、学習してみてはいかがでしょうか?

方法はとても簡単です。以下のような透明のジッパー付きの袋を用意して、スキマ時間学習用に準備したA4用紙をその袋に入れてジッパーを閉じるだけです。これで、お風呂に浸かりながらも、紙を濡らすことなく学習が可能となります。

私自身は、大体お風呂で30分くらい学習して、さらにその後も、子供を抱っこで寝かしつけがら学習することも結構ありました。

4.通勤途中や散歩、ジョギング中に、英語の教材音声を聞く

徒歩で駅に向かったり会社に向かっている時、ちょっとしたお散歩やジョギング時も学習ができます。

歩きながらの紙やスマホを見るのは良くないので、しっかりと前を向いて、ヘッドフォンで耳から英語音声を聞くことに集中しましょう。

今現在進めている英語の学習教材を聞くのが良いでしょう。音声を聞きながら、意味を把握しましょう。可能であれば(声は出さずに)頭の中でシャドウイングもしてみましょう(ただし、前をしっかり見て、気をつけて実施してくださいね)。きっと、記憶の定着がより早まることでしょう。

まとめ

1日あたりのスキマ時間を合計すれば、おそらく誰でも1時間以上にはなるのではないでしょうか?その全ての時間を学習に費やせなくても、そのうち30分でも英語学習に費やせるようになったとしたら素晴らしいことではないでしょうか?

元々何もすることのなかった時間ですしね。私なんかは、特にまとまった時間が確保できなかったので、英語学習開始当初、スキマ時間とお風呂の中だけで、毎日1時間半は学習していたと思います。

そして、毎日それだけの時間学習していると、意識せずとも勝手に学習するようになってしまいます。ちょっとした空き時間に身体が勝手に動いてしまうんです(笑)。もう学習が生活スタイルの一部に組み込まれてしまったのでしょう。学習できなかった日は、学習ができなかったという事が気持ち悪くてしょうがなかったです。

毎日1時間、スキマ時間で学習できれば、一年間で365時間となります。元々何もしていなかったかもしれない時間が、365時間の英語学習の時間に化けるんです。

この時間だけで、話せなかった英語がカタコトレベルで話せるようになるかもしれません。スキマ時間以外にも普通に学習していれば、さらに、英語が話せるようになるまでの時間が短縮されると思います。

休憩をとらないのもあまり良くありませんので、少しは休憩をとりながらも、スキマ時間で効率的に英語力を伸ばしていきましょう!!

なお、当サイトでは、英語力ゼロの方が英会話中級レベルになるまでの具体的方法を説明しております。よろしければ、目次から気になる記事を参照いただけますと幸いです。
⇒目次

-Tips, スピーキング, 学習法, 英作文トレーニング, 音読トレーニング