学習法 音読トレーニング

オーバーラッピングで英語の感覚を身につけよう!

2017/04/09


「英語力ゼロからの音読トレーニング!~実践編~」の中で、まずは、音読を実践する手順を以下のように示し、この一連の手順を1セットとして、日を改めて合計5セット実施するのが良いと説明させていただきました。

本記事は、手順4:テキストを見て音声を聞きながら音読を説明させていただきます。

Sponsored Link

手順4:テキストを見て音声を聞きながら音読

手順2で「教材音声と同じタイミングで音読する英語学習法をオーバーラッピングといいます」と説明しました。そうです、手順2でやっていた事はオーバーラッピングでした。

そして、この手順4ですることもオーバーラッピングなのです。

手順2では、特に発音に注意してオーバーラッピングをしていました。手順4では、発音だけでなく、以下の全てを意識するようにします。

・英単語の意味
・使われている英文法
・文章全体の意味(ストーリー)・イメージ
・物語の登場人物になりきり感情移入して音読

これらを意識・理解しながら音読することは超重要です!

これ以外にも気をつけるところはありますが、それは全て手順3と同じです。
ですので、細かい注意点、気をつけるべきことの再確認は、手順3の記事をご参照ください。

手順3と手順4の違いは、単に、教材音声を聞かないで音読するか、聞いて音読するかの違いだけです。しかし、この違いは結構大きいです。

手順3では、音声を聞かないので自分のペースで音読が出来ました。しかし、手順4はテキストを見て、教材音声に自分の声をかぶせる形の音読となります。つまり、音声の速度に合わせて音読する必要があります。

音読の速度を音声に合わせると、手順3より速いペースで音読する事になるでしょう。そうなると、上記の超重要項目の意識・理解ができないかもしれません。

ですので、ここでひとつ確認が必要です。
手順4の1回目の音読で、文章の内容を理解しながら音読できているかを確認しましょう。

1度音読してみた結果、音声の速度についていけず、上記の超重要項目を全然意識できないようでしたら、手順3の音読回数が不足しているという事だと思います。
(ここでの「音声についていけない」の意味は、音声の速度に合わせて発音できていても、文章の意味や文法要素の理解が追いつかないという意味です)

ただ、1セット目でしたら仕方ないです。だって、まだ合計でも10〜20回しか音読しておらず、文章に慣れていないでしょうから。この場合は、何かひとつでも上記の重要項目を意識しながら音読できるように頑張ってみましょう。音読回数も少なくて良いです。ここで焦って頑張らなくても、次の日に2セット目の音読をしますので、そこで改善していけば良いのです。

2セット目以降でしたら、以下の考え方で進めてみましょう。
【文章全体を通して音声速度に理解が追いつかない場合】
まだ速いスピードについていけないという事です。この場合、手順3を少しずつスピードを上げて慣れていくしかないでしょう。

手順3を再度繰り返し、音声と同じくらいの速度で音読しても理解度が落ちない状態になったら、手順4を再挑戦しましょう。

ただし、ここで手順3を10回繰り返してもまだダメなようなら、あきらめて次のセットで出来るようにしましょう。

ちなみに、4セット目でもダメなようであれば、文章が難しすぎるのか、音読の進め方に何か問題があるのかを疑った方が良いでしょう。

【文章全体を通してダメなわけじゃないけど、ところどころつまづいてしまう場合】
何箇所か音声の速度に理解が追いつかないところがあるという事です。

この場合、つまづく部分だけを、音声を聞きながら繰り返し音読しましょう。音声は特定部分だけを繰り返す機能(ABリピート機能)があれば、それを利用して、そういう機能がなければ、音声なしでも構いません。

音声の特定の場所をリピートする方法は以下の記事で説明しておりますので参考にしてみてくださいませ。
⇒英語の音声速度を遅くして音読を簡単にする方法!

音声と同じくらいの速度で音読しても、理解度が落ちない状態になったら、手順4を再開しましょう。

この手順でのゴールは、教材音声にかぶせる形で音読すること。その際に、冒頭で記載した、超重要項目がきちんと意識出来ていることです。
おそらく、1セット目では難しいと思いますので、最初は少なめの音読回数にします。慣れてきたら音読回数を増やしていって、スムーズさを増していきましょう!

それでは、次の手順の説明にうつりますね。
⇒手順5:テキストを見ないで音声を聞きながら音読

【関連記事】
⇒英語の音声速度を遅くして音読を簡単にする方法!
⇒英語の音声速度を速くして音読の効率化と脳の活性化を!

本サイトでは、英語力ゼロから、英語で言いたいことが言えるようになる英会話中級レベルになるまでの具体的手法をわかりやすく紹介しております。目次から気になる記事を参照いただけますと幸いです。
⇒目次

-学習法, 音読トレーニング