学習法 音読トレーニング

英語力ゼロからの音読トレーニングの進め方【実践編】

2017/03/14


本サイトでは、音読が英語の上達に一番効果的だと考えています。ただし、音読と言っても、ただ英語の文章を声に出して読めば良いということではありません。

音読といっても、やり方によっては、効果が出たり、全く出なかったりします。
という訳で、英語能力の向上に非常に効果的な、音読トレーニングの進め方を説明させていただきます。

その前に、何故、音読が英語学習に効果的なのかでしょうか?
その理由を知ることで、音読の進め方をスムーズに理解できることでしょう。

その理由が気になる方、まだ下記の記事を読まれていない方がいましたら、リンク先の記事を参考にしてくださいませ。
⇒音読が英語学習に最も効果的な理由

さて、それでは、本題「英語力ゼロからの音読トレーニングの進め方~実践編~」にうつらせていただきますね。

Sponsored Link

音読トレーニングの手順

まずは音読トレーニングの手順を簡単に説明させていただきますね。以下が、1セットの手順となります。
これを、1日1セット、日を改めて合計5セット行います。

手順1:音読する文章の理解
手順2:テキストを見て音声を聞きながら音読(特に発音を意識)
手順3:テキストを見ながら音読
手順4:テキストを見て音声を聞きながら音読
手順5:テキストを見ないで音声を聞きながら音読

詳細は後で説明しますが、まずは簡単に注意事項です。

上記、手順3,4,5では、英文の意味・構造を理解しながら音読します。余裕が出てきたら、音読している文章の状況をイメージして、自分がその文章の主人公になったつもりで感情移入して音読します

手順2~5では、それぞれ最低3回、多くても10回音読します。つまりこの1セットで、最低でも12回、最高で40回音読する事となります。

音読教材は、普通ある程度の長さの文章が1ページにまとまっていると思います。そのまとまっている1つの文章に対して、上記1セットの手順をまず一度実施します。日を改めてまた1セット実施。というように、繰り返し実施します。記憶の定着のためには、繰り返しがとても重要なのです。

手順5が以下のようにできるまで、日を改めて1セットを繰り返します。

テキストを見ないで音声を聞いて、聞いた音声を即座に音読できる(英文の意味・構造・状況のイメージを意識しながら)

言い換えると、教材音声をテキストを見ないでシャドウイングできるのが目標となります(※シャドウイングについては、手順5の記事で詳細を説明します)。

日を改めてと言っても、同じ文章を毎日音読することはおすすめしません。覚えたもののうち、いくつかは必ず忘れてしまいます。人間の脳はそういうものだから仕方がないのです。だからこそ、忘れたもの、忘れそうなものをまた覚え直す必要があるのです。そういうわけで、ある程度時間がたって、忘れそうなタイミングで再度音読するのが良いです。繰り返し覚えたものは、当然ですが忘れにくくなります。

具体的には、最初に1セットを実施した次の日に2セット目、2セット目の1週間後に3セット目、3セット目の2週間後に4セット目、4セット目の1ヶ月後に5セット目というように実施していくことで、効率よく記憶していけることでしょう。

おそらく5セット目には、上記で説明した手順5がほぼできるようになっている事でしょう。5セット目でまだ出来ないようであれば、もう1セット追加しましょう。5セット目で完了できなかったということは、音読回数が全体的に少なかったということですから、次の文章を始める時は、全体的に音読回数を増やすようにしましょう。3回ずつしか音読していなかったのであれば、5回ずつにするというように、その都度、各手順で音読する回数を微調整していきましょう。

各手順での音読回数は、最低でも3回、最高でも10回と書きましたが、それでは、具体的にどのように音読回数を決めれば良いか?その目安を説明しますね。

各手順での音読回数の調整の仕方

1セット目では、まだ文章に慣れていないため、音読回数を多く設定して文章に慣れる必要があるでしょう。

2セット目以降は、文章に慣れてきて、よりスムーズに音読ができるようになると思います。意味・構文を意識し、状況をイメージしながらスムーズに音読ができてきたら、音読回数を減らしていきましょう。

設定する音読回数の一例を以下に示します。

1セット目 2セット目 3セット目 4セット目 5セット目
手順2 5回 5回 3回 3回 1回
手順3 10回 8回 7回 5回 3回
手順4 3回 5回 5回 3回 3回
手順5 3回 3回 5回 5回 3回

手順2は、英語の発音・リズムなどを特に気をつけて聞きながら音読しますが、手順4と5でも音声は聞きますので、大体の発音を覚えたら回数を減らしても大丈夫です。

手順3は、音声を聞かないので自分なりのペースでできます。文章の意味、構造を常に意識しながらの音読なので、最初はゆっくりどころか、つっかえつっかえかもしれません。文章の意味、構造、イメージが意識できた状態で、音声と同じくらいの速度で音読ができるようになってきたら、回数を減らしましょう。

手順4は、テキストを見て音声を聞きながら音読です。音声と同じ速度で音読しながら、文章の意味、構造を理解するのは、最初はかなり大変な作業ですので、最初のうちは少なめの音読回数で、慣れてきたら回数を増やします。

手順5は、テキストを見ないで音声を聞いた瞬間に音読していくという作業になるので、最初はかなり難しいでしょう。よって、最初はお試し程度で、慣れたら音読回数を増やします。

簡単に説明させていただきましたが、この音読のゴールは、
手順5の「音声を聞いた瞬間に、その音声の意味、構文を理解し、状況をイメージしながら音読する」ができるようになる事です。

大体4セット目にはこれができるように音読回数を設定して、5セット目は最終確認作業みたいな感じにするのが良いかなと思います。
最初は上記の一例をそのまま使用して始めるのでも構いません。おそらく、ご自身の英語力によって、音読回数がだいぶ変わると思いますので。音読トレーニングを進めながら、ご自身に最適な回数を微調整していくのが良いと思います。

さて、それでは、それぞれの手順の詳細にうつりたいと思います。

まずは手順1からです。
⇒手順1:音読する文章の理解

本サイトでは、英語力ゼロから、英語で言いたいことが言えるようになる英会話中級レベルになるまでの具体的手法をわかりやすく紹介しております。目次から気になる記事を参照いただけますと幸いです。
⇒目次

-学習法, 音読トレーニング